みなさんの安全で幸せな暮らしのために 強い街づくりを担う会社

土木設計は神戸で強い街づくりに取り組む【扇コンサルタンツ】へ~橋梁設計・宅地開発設計・災害測量設計について~

神戸で土木設計をご検討の際は強い街づくりを担う【扇コンサルタンツ】へ!

神戸で土木設計をご検討の際は強い街づくりを担う【扇コンサルタンツ】へ!

神戸土木設計をご検討の際は【扇コンサルタンツ】までお問い合わせください。神戸を拠点に兵庫・大阪で土木設計や地質調査、測量などの事業を展開しています。

安全で強い街づくりを担うため、様々なニーズに応じたサービスをご提案いたします。土木設計などをご希望なら、豊富な建設コンサル業務の実績を持つ神戸の【扇コンサルタンツ】にぜひご相談ください。

橋梁設計・宅地開発設計・災害測量設計とは

橋梁設計・宅地開発設計・災害測量設計とは

建設コンサルタントが対応する橋梁設計や宅地開発設計災害測量設計はどのような業務か、ご紹介します。

■ 橋梁設計

橋梁とは道路をつなぐことが難しい箇所に設ける構造物です。橋梁設計では、使用目的の適合性と構造物の安全性などを踏まえながら、構造の詳細を検討していきます。橋梁の事業費は他の土工部に比べると割高となるため、経済性を考慮しつつ削減を意識した設計を行うことも多いです。

しかし、施工品質の確保や維持管理の確実性を保ちながらの経済性能考慮は難しい面が見られます。そのため、建設コンサルタントが対応する設計業務の中では難易度が高い設計でもあります。

■ 宅地開発設計

宅地開発設計は、まっさらで手つかずの土地を開発者が開発区域の土地を全面的に取得し、都市計画法の認可を受けて行う設計事業です。測量や関連法令の調整、協議、申請図書作成などを経て、開発許可を取得します。

宅地開発が終わると、一軒ずつの土地の大きさに区画分筆されます。上下水道などのライフラインが整備されると、住所が付いて建物を建てることができます。

■ 災害測量設計

大地震や土砂崩れ、津波などの災害が起きた場所で新たな測量設計を行う業務が災害測量設計です。災害が起きた場所に出向いて様々な調査を行い、災害地の復旧作業を支援する目的があります。災害査定により測量設計の方法は決まっており、それに合わせて測量設計を行います。

お役立ちコラム

神戸で土木設計を依頼するなら【扇コンサルタンツ】へ

商号 扇コンサルタンツ株式会社
本社所在地 〒 658-0044 神戸市東灘区御影塚町2丁目20番20号 向山ビル2階MAP
TEL 078-822-0999
HP http://www.ougi.co.jp/