みなさんの安全で幸せな暮らしのために 強い街づくりを担う会社

測量の種類

測量には様々な種類があります。必要となるシーンに合わせて、適切な測量を実施することが大切です。
こちらでは、主な測量の種類をご紹介いたします。

現況測量(現地測量)

建物や上下水道の位置を調査したり、建物周辺に存在しているブロック塀や既存境界線、地盤などの測量を行います。隣接する土地所有者や道路管理者の立ち会いを必要としない分、費用を安く抑え、比較的短時間で作業を完了させることができます。境界線は確定しないため、隣接地との境界線や面積の確定をご希望の場合は、境界確定測量を行う必要があります。

公共用地境界確定測量

民間地と公有地が隣接しており、境界がはっきりしない場合に行う測量です。民間地の所有者は、越境に気づかずに公有地の一部を含めて土地を利用してしまっては大変です。また、その反対も言え、境界が不明だと隣接する民間地に越境して道路や水路などが整備されてしまう可能性もあります。
双方の利益を守るためにも境界線を明確にすることは大切です。公共用地境界確定測量では、市役所の担当職員に立ち会いをしてもらい、双方の確認を経て、官民境界確定書を取り交わします。

民有地境界確定測量

土地は所有者の財産であり、所有者が亡くなっても所有者の子孫へと大切に受け継がれていきます。そのため、他人が所有者の許可無く土地を利用するようなことがあってはなりません。民有地境界確定測量は、隣接する民有地間の境界が不明な場合に行う測量です。境界の位置が判明していないと、現時点での越境の有無が分かりませんし、将来的に越境してしまう可能性があります。民有地間の境界線は、隣人トラブルの元にもなるため、土地や建物購入時に境界線が判明していない場合は、測量を依頼することをおすすめします。

兵庫神戸市、姫路市周辺の測量設計に対応している会社をお探しの方は、弊社をご利用ください。弊社では、基準点測量敷地測量、河川測量など様々な測量に対応しています。迅速な対応を心がけておりますので、測量を必要とされる方は、お気軽にお問い合わせください。