みなさんの安全で幸せな暮らしのために 強い街づくりを担う会社

宅地開発に通じるエリアマネジメントの考え方

近年では、エリアマネジメントが注目されています。エリアマネジメントを進める動きが活発になっているのは何故なのでしょうか。
また、宅地開発はエリアマネジメントに通じる部分があります。国単位で推進されているエリアマネジメントについて理解したり、宅地開発とエリアマネジメントの共通点について理解しておくことは大切です。

エリアマネジメントとは

エリアマネジメントは、国土交通省によって推進されています。同省では、エリアマネジメントのことを「地域における良好な環境や地域の価値を維持・向上させるための、住民・事業主・地権者などによる主体的な取り組み」と定義しています。住宅地においては、良好な街並みや景観の形成・維持、管理組合の組織と組合員による管理行為を通した良好なコミュニティづくりなどの取り組みがエリアマネジメント活動の一環だと考えられています。

エリアマネジメントの特徴

エリアマネジメントは、各々が独立して進めるというよりは住民、事業主、地権者などの地域の人々が主体となり、互いに関わりあいながら進めるものです。地域住民の意見を反映させる、メンバーの一員として活動に参加するなど、一人一人が自主的に意見を発信したり、行動に移すことがエリアマネジメントには欠かせません。

地域住民だけでは取り組むことが難しい部分は、行政や専門家が協力して進めていきます。マネジメントに経営管理という意味があることからも、住みやすい環境をつくるだけではなく、「育てていく」ことがエリアマネジメントにおいて、重要なポイントになります。良好な街並みをつくり出しても、維持管理を行わなければ、人々の快適な生活は実現しません。つくり、育て続けることがエリアマネジメント活動の実践になるのです。

宅地開発に通じる点

エリアマネジメントは地域全体の環境を対象としており、宅地開発は住まいとその近辺の環境に特化していますが、「人々の快適な生活を創造する」という大まかな考え方は共通しています。宅地開発を行うと、住環境が整えられ、住民の快適な生活に繋がります。このようなことからも、宅地開発を行うことはエリアマネジメント活動の一環になると考えることができます。

兵庫県に所在している弊社では、宅地開発に欠かせない地質調査や測量業務を行っています。神戸市周辺はもちろん、大阪などでの住宅地開発にも対応しています。住宅地開発の許可や弊社のサービス、費用に関する疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。弊社による充実したサービスで、宅地開発をサポートいたします。