みなさんの安全で幸せな暮らしのために 強い街づくりを担う会社

神戸で測量の依頼をするなら敷地測量や用地測量も承る【扇コンサルタンツ】~測量士と土地家屋調査士の違い

神戸で測量の依頼をするなら敷地測量や用地測量を行う

神戸で測量の依頼をするなら敷地測量や用地測量を行う

神戸測量の依頼をするなら【扇コンサルタンツ】にお問い合わせください。すべての建物の建築、道路や橋といった公共物をつくるにあたって、必要不可欠な作業が測量です。土地の現状や位置関係を正確に把握することで、都市計画や電力、観光開発など、様々な生活の場が生み出されていきます。

【扇コンサルタンツ】は基準点測量、水準測量、路線測量、河川測量、深浅測量、敷地測量用地測量など、お客様のニーズに応じた測量を行います。より強い街づくり、より暮らしやすい街づくりをお手伝いいたしますので、神戸で測量依頼をお考えの方はぜひご連絡ください。

測量を神戸でお考えなら【扇コンサルタンツ】~兵庫・大阪の測量はお任せ~

測量を神戸でお考えなら【扇コンサルタンツ】~兵庫・大阪の測量はお任せ~

測量を神戸でお考えなら、【扇コンサルタンツ】にお任せください。測量で得た多くの情報は、みなさまの安全安心を守る強い街づくりに活かすことができます。

近年ではデジタルデータ化したことで多くの情報を残すことが可能になり、現場に反映できるようになりました。測量や設計、地質調査は建築における「第一歩目」です。【扇コンサルタンツ】はその重要性を認識し、プロの測量士として誇りをもって作業を行っています。

測量士と土地家屋調査士の違い

測量に使用する機械や服装も似ていることから、その違いがわかりにくい測量士と土地家屋調査士には違いがあります。測量士は、国家資格を持っている測量の専門家となっています。測量士が行う業務としては、土地を測ったり地図を作成したりする基本測量・公共測量などの測量業務です。専門家として測量に携わる際には、この資格が必要です。

また、測量士の他に、測量士補の国家資格を持っている場合も測量業務に携わることができます。測量法によって定められた測量士と測量士補の違いは、「測量士は、測量に関する計画を作成し、又は実施する。」「測量士補は、測量士の作成した計画に従い測量に従事する。」となっています。一方、土地家屋調査士は、土地家屋調査士法に基づいて、土地境界の確認・不動産登記等を行うための専門家です。

お役立ちコラム

【 神戸で測量を承る扇コンサルタンツ 】

商号 扇コンサルタンツ株式会社
本社所在地 〒 658-0044 神戸市東灘区御影塚町2丁目20番20号 向山ビル2階MAP
TEL 078-822-0999
HP http://www.ougi.co.jp/