みなさんの安全で幸せな暮らしのために 強い街づくりを担う会社

測量は神戸の地質調査から設計までサポートする【扇コンサルタンツ】にお任せ!~敷地測量や用地測量を早く行うべき理由~

敷地は測量図があっても安心してはいけない

敷地は測量図があっても安心してはいけない

土地の管理において、測量図を持っているから安心と考えている方はいませんか?しかし、土地というのは図面ではなく、現物の土地自体が大事となります。そこでポイントとなるのが、境界標があるかどうかです。

分譲したての土地であれば境界標はありますが、建てて数十年経っている土地には境界標が見当たらない場合もあります。その場合、図面として土地の大きさがわかっていても、実際の土地ではどこからどこまでが自身の土地なのか把握できません。

敷地の大きさをきちんと把握するために必要なのが、境界標という赤い境界石です。敷地の四隅に赤い境界石がなければ測量を行い、土地の大きさをしっかりとわかる状態にしておきましょう。

境界が合意されるまで時間がかかってしまうことがある

敷地測量用地測量を早めにやっておくべき理由は、境界が合意されるまでに時間がかかってしまうためです。

敷地の境界というのは自身の土地の判断だけではなく、その敷地に隣接しているすべての土地・建物も関係してきます。測量により決まった境界に対して、意見の違いが出た場合は境界が合意されるまでに多くの時間を費やしてしまうこともあります。長い時間がかかるかもしれないということを念頭に置き、早めに敷地測量や用地測量を行って境界の確定にかかわっている土地の皆さんに合意してもらうことが重要となります。

敷地測量や用地測量は将来を考えてやっておくべき~神戸で測量を依頼するなら~

敷地測量や用地測量は将来を考えてやっておくべき~神戸で測量を依頼するなら~

【扇コンサルタンツ】は、神戸の測量に関するご依頼を承っています。敷地を相続した際に測量を行うと、物納をした申請者の費用の負担となってしまいます。敷地の大きさを把握するための敷地測量や用地測量は、将来を考えて早めに行っておくようにしましょう。

神戸にある【扇コンサルタンツ】は敷地測量・用地測量の他、様々な測量に対応が可能です。神戸やその周辺で測量に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お役立ちコラム

神戸で測量設計を依頼するなら【扇コンサルタンツ】へ

商号 扇コンサルタンツ株式会社
本社所在地 〒 658-0044 神戸市東灘区御影塚町2丁目20番20号 向山ビル2階MAP
TEL 078-822-0999
HP http://www.ougi.co.jp/