お役立ちコラム

地質調査を神戸で行う会社【扇コンサルタンツ】へ!費用を抑えた調査が可能~活断層の性質~

 カテゴリー:お役立ちコラム

神戸で地質調査をするなら費用を抑えた調査が可能な【扇コンサルタンツ】

神戸で地質調査をするなら費用を抑えた調査が可能な【扇コンサルタンツ】

神戸地質調査を行うなら、費用を低価格に設定している【扇コンサルタンツ】にご依頼ください。建築や防災にとって重要な役割を持つ地質調査は、近年注目を集めています。

安い土地を購入しても、地盤強化が必要になると結果的に費用が嵩んでしまいます。土地の購入・建築の前には地質調査を行い、安全安心であることを確認することが大切です。

【扇コンサルタンツ】は神戸を中心に兵庫・大阪で地盤調査を承ります。

神戸で地質調査を行う会社をお探しなら【扇コンサルタンツ】~地盤は地名で予想できる~

神戸で地質調査を行う会社をお探しなら【扇コンサルタンツ】~地盤は地名で予想できる~

神戸で地質調査を行う会社【扇コンサルタンツ】は、プロの目で地質・地盤の見極めを行います。

地名はその土地の地盤を表現している場合があります。地名に「川・河」「水」「さんずいのつく漢字」が使われている場合、水のあった地域である可能性が高いといえます。その他にも水・海を連想する漢字(磯・浜・砂など)にも注目してください。このように、地名から地盤の予想を立てることが可能です。

自分で地盤を調べることに不安を覚えるという方は、調査会社【扇コンサルタンツ】にご依頼ください。

活断層の特徴と種類

一口で活断層といっても、いくつかの種類があります。

■ 特徴

活断層のずれは、いつも同じ方向に発生します。それは活断層にかかる力がプレートの動きによるものだからです。プレートの動きによって断層には大きな圧力がかかり、その力が限界に達した時に断層がずれ動きます。この力が限界に達するまでの期間は非常に長く、数千年から数万年の間隔で起こります。地震の多い日本ではこの活断層のずれが頻発しているように見受けられますが、日本に活断層の数が非常に多いためそのように感じられるのです。一つ一つの断層は次の限界まで活動を停止します。

■ 種類

断層のずれは4種類あります。

  • ・正断層
  • ・逆断層
  • ・右横ずれ断層
  • ・左横ずれ断層

地層が柔らかい場合は断層面が地上に発生せず、波打ったような断面図が発生します。

  • ・活撓曲
  • ・褶曲(背斜・向斜)

地形は侵食や堆積、そして活断層の動きによって形成されます。地形を観察することでどのような断層があるのか、どのような地盤なのかを調べることも可能です。

お役立ちコラム

【 神戸で地質調査をお考えなら扇コンサルタンツにお任せ 】

会社名 扇コンサルタンツ株式会社
代表取締役 田村 貴志
資本金 1,200万円
本社住所
〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2丁目20−20 向山ビル2階
TEL 078-822-0999
FAX 078-822-0911
大阪支店
〒573-0001 大阪府枚方市田口山3丁目23−12
TEL
072-851-4222
FAX 072-851-4222
三田営業所
dt>〒669-1515 兵庫県三田市大原695−6
TEL
079-563-0611
FAX 079-563-0611
姫路営業所
〒671-2134 兵庫県姫路市夢前町菅生澗460−1
TEL 079-335-1500
FAX 079-335-1500
HP https://www.ougi.co.jp/
登録部門
建設コンサルタント業
建30-5128号
(道路部門)
(下水道部門)
(鋼構造及びコンクリート部門)
(河川・砂防及び海岸・海洋部門)
(土質及び基礎部門)
測量業
第(8)-15979号
有資格者 技術士 / RCCM / 1級土木施工管理技士 / 測量士 / 測量士補 / 地質調査技師 / 橋梁点検技術者 / 准橋梁点検技術者 / 河川点検士
取引銀行 三井住友銀行御影支店 / みずほ銀行神戸支店 / 尼崎信用金庫神戸東支店 / 大正銀行灘支店
主な取引先 兵庫県 / 神戸市 / 各市町村 / ゼネコン・民間各社



トップへ戻る