お役立ちコラム

神戸で地質調査を依頼するなら土質調査・地盤調査・ボーリング調査を行う【扇コンサルタンツ】へ~活断層がなぜ危険なのか?~

 カテゴリー:お役立ちコラム

地質調査を神戸・大阪でお考えなら土質調査・地盤調査も行う【扇コンサルタンツ】

地質調査を神戸・大阪でお考えなら土質調査・地盤調査も行う【扇コンサルタンツ】

地質調査神戸・大阪で依頼するなら【扇コンサルタンツ】にお問い合わせください。お客様のニーズに合わせた土質調査地盤調査を、神戸を中心に兵庫県・大阪府で承ります。

どんなに堅牢な建築物でも、土台である地質が脆ければ安全性を保つことはできません。地質調査を行うことで土地の強度、地耐力を把握し、設計や地盤改良の計画を立てて安心安全な建造物を実現いたします。

神戸で地質調査を承る【扇コンサルタンツ】~ボーリング調査の実績が豊富~

神戸で地質調査を承る【扇コンサルタンツ】は、いままで数多くのボーリング調査を行った実績があります。地盤を掘り進め、実際に土の様子を確かめることのできるボーリング調査は、オーソドックスな地質調査の方法です。

今日、防災や減災の観点から地質調査の役割が重要視されてきています。【扇コンサルタンツ】では経験豊富なプロの技術で土地の性質をしっかりと見極めます。土地の性質に合わせた地盤改良や建造物の設計についてのアドバイスもいたしますので、お気軽にご相談ください。

活断層の調査をする理由とは

活断層の調査をする理由とは|地質調査ならは扇コンサルタンツ

活断層を調べることにどのような意味があるのでしょうか。
断層のなかでも「活断層」と呼ばれる種類は、過去に活動を繰り返し、さらに今後も活動する可能性の高い断層のことです。活断層が動くことで地震が発生するため、地質調査で活断層の状態を調べることは重要であるといえます。今後、どのくらいの規模の活動が起こるのか正確に把握することは難しいですが、過去の活動傾向や活断層の長さなどから、予測を立てることは可能です。

活断層を調べる方法として、ボーリング調査や反射法地震探査、トレンチ調査などが挙げられます。日本にある大規模な活断層はおおむね確認がされていますが、未だ発見されていない活断層がある可能性は否定できません。購入予定の土地、公共施設の建築予定地が安全であることを確かめるためにも、活断層の調査をおすすめします。

地質調査のご用命は【扇コンサルタンツ】へ

安心安全な建築・土木事業を行うためにも、地質調査は基礎となる重要な業務です。調査をご希望のお客様はぜひ【扇コンサルタンツ】をご用命ください。地盤調査・土質調査・ボーリング調査など各種地質調査を行います。
地質調査業務の実績はこちらのページからご確認いただけます。神戸周辺で地質調査なら実績豊富な【扇コンサルタンツ】までご相談ください。

地質調査・ボーリング調査を行う【扇コンサルタンツ】のお役立ちコラム

【 神戸で地質調査をお考えなら扇コンサルタンツにお任せ 】

会社名 扇コンサルタンツ株式会社
代表取締役 田村 貴志
資本金 1,200万円
本社住所
〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2丁目20−20 向山ビル2階
TEL 078-822-0999
FAX 078-822-0911
大阪支店
〒573-0001 大阪府枚方市田口山3丁目23−12
TEL 072-851-4222
FAX 072-851-4222
三田営業所
〒669-1515 兵庫県三田市大原695−6
TEL 079-563-0611
FAX 079-563-0611
姫路営業所
〒671-2134 兵庫県姫路市夢前町菅生澗460−1
TEL 079-335-1500
FAX 079-335-1500
HP https://www.ougi.co.jp/
登録部門
建設コンサルタント業
建30-5128号
(道路部門)
(下水道部門)
(鋼構造及びコンクリート部門)
(河川・砂防及び海岸・海洋部門)
(土質及び基礎部門)
測量業
第(8)-15979号
有資格者 技術士 / RCCM / 1級土木施工管理技士 / 測量士 / 測量士補 / 地質調査技師 / 橋梁点検技術者 / 准橋梁点検技術者 / 河川点検士
取引銀行 三井住友銀行御影支店 / みずほ銀行神戸支店 / 尼崎信用金庫神戸東支店 / 大正銀行灘支店
主な取引先 兵庫県 / 神戸市 / 各市町村 / ゼネコン・民間各社




トップへ戻る