お役立ちコラム

【神戸】土木設計で作成する測量図面の種類・CADの種類を解説!

 カテゴリー:お役立ちコラム

【神戸】CADの種類や測量図面について解説

神戸で土木設計の依頼をお考えの際は、ぜひ扇コンサルタンツへお問い合わせください。土木設計、測量、地質調査などに対応しています。この記事では、土木設計に欠かせないCADの種類や、土木設計で作成する測量図面の種類について解説するので、ぜひチェックしてみてください。

土木設計で使われるCADにはどんな種類がある?

はてなマークを持った男性

土木設計の過程で使用されることも多い「CAD」とは、コンピューター上の設計システムのことです。ここでは、CADの種類について解説します。

汎用タイプと専用タイプがある

CADは、使用する業界の特徴に合わせて構築された専用タイプと、どの業界でも使用できる汎用タイプの2種類に分けられます。近年は、後から機能を追加できる汎用タイプのソフトも増えており、好みの機能を加えることで専用CADのようにカスタマイズすることも可能です。

2次元から3次元の導入も進む

以前は、平面の2次元仕様CADが一般的でした。近年は技術革新により、立体的なイメージが湧きやすい3次元の導入も進んでいます。

業界によって異なるCADの種類

設計を行う業界が異なれば、使用するCADの種類も変わります。主な業界のCADの概要は、以下の通りです。

・土木タイプ

橋梁や道路、ダムなど、土木設計に関わるタイプです。「Jw_cad」をはじめとした汎用CADが用いられることもありますが、測量など土木に特化した機能を備えた専用CADを取り入れることも多くあります。

・建築タイプ

学校や家屋、高層ビルなど、建物を設計するために使用されるものです。仕様やデザインを示すための図面、行政に提出するための図面など、建築に必要となるあらゆる図面を作成できます。

・建築設備タイプ

建築タイプは、主に建物の構造やデザインを設計するものです。一方で、建築設備タイプは電気や空調など、設備に関する設計を行う際に使われます。配電盤をはじめとした、各パーツを図面に割り当てることができる専用CADもよく用いられます。

・機械タイプ

車や飛行機などの大きなものからネジのように小さなものまで、機械に関する様々なものを設計するために使用されます。部品の詳細が表示しやすくなるため、各業界の中でも特に3次元化が進みました。

土木設計で作成する測量図面の種類を解説

ノートパソコンと付箋

安心安全かつ効率的に土木設計を行うため、現場に入る前にCADを使って詳細な図面が作成されます。ここでは、測量図面の主な種類について解説します。

代表的な図面の種類

土木設計には、橋梁や道路、ダムなど様々な種類があり、工事の内容によって求められる図面は異なります。代表的な図面の種類については、以下の通りです。

  • 説明図:工事をする場所の座標や全体的な形状、縦横断面といったことを示す。
  • 案内図:工事予定場所と既にある建造物や公共座標などの関係を示す。
  • 構造図:個々の構造物に関する尺度や形状、材質、組み合わせなどを示す。
  • 詳細図:構造物に用いられる部材の尺度や材質、形状、数などを示す。場合によっては、数種類の部材を示すこともある。
  • 施工図:施工する際に、必要に応じて作成する図面。設計図とは異なる。
  • 完成図:工事予定のものが完成した姿を正確に示した図面。
  • 変更設計図:最初の計画通りに施工するのが適当ではないとなった場合や、新たに測量や設計が必要となった場合に変更を行うため作成される。

設計図の主な種類

上記に挙げた図面の他に、重要となるのが設計図です。設計の施工条件や規格・寸法などを示し、設計の内容によって枚数や仕様書は変わります。設計図の主な種類は、以下の通りです。

  • 平面図:施工を行う全構造物に関する情報を記載する。
  • 位置図:工事をする範囲・施工する部分を示す。
  • 横断面図:横断構造の他に、工事における出来形を示す。
  • 縦断面図:構造物の位置や高さを示す。
  • 構造図:構造一般図や配筋図など、構造物に関連した図面を示す。
  • 一般図:正面や平面、側面の他に、柱状図や主要断面図を示す。

この他に、用排水系統図や水路敷高図、仮設図など16種類の図面があります。

土木設計に関するご相談は扇コンサルタンツへ

設計で使用されるCADには様々な種類があり、土木に特化したシステムも多くあります。以前は2次元が主流でしたが、近年は3次元タイプの導入が進んでいるのも特徴です。CADを用いて作られた設計図は工事の基礎となる重要なものであり、慎重な作成が求められます。

扇コンサルタンツでは、これまでの技術、知識や経験、人材などを最大限に活かした設計を行っています。土木設計や建設コンサルタントに関するご依頼も、ぜひお気軽にご相談ください。

測量・土木設計・地質調査・ボーリング調査に関するコラム

神戸で土木設計を相談するなら扇コンサルタンツ

会社名 扇コンサルタンツ株式会社
代表取締役 田村 貴志
資本金 1,200万円
本社住所
〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2丁目20−20 向山ビル2階
TEL 078-822-0999
FAX 078-822-0911
大阪支店
〒573-0001 大阪府枚方市田口山3丁目23−12
TEL 072-851-4222
FAX 072-851-4222
三田営業所
〒669-1515 兵庫県三田市大原695−6
TEL 079-563-0611
FAX 079-563-0611
姫路営業所
〒671-2134 兵庫県姫路市夢前町菅生澗460−1
TEL 079-335-1500
FAX 079-335-1500
HP https://www.ougi.co.jp/
登録部門
建設コンサルタント業
建30-5128号
(道路部門)
(下水道部門)
(鋼構造及びコンクリート部門)
(河川・砂防及び海岸・海洋部門)
(土質及び基礎部門)
測量業
第(8)-15979号
有資格者 技術士 / RCCM / 1級土木施工管理技士 / 測量士 / 測量士補 / 地質調査技師 / 橋梁点検技術者 / 准橋梁点検技術者 / 河川点検士
取引銀行 三井住友銀行御影支店 / みずほ銀行神戸支店 / 尼崎信用金庫神戸東支店 / 大正銀行灘支店
主な取引先 兵庫県 / 神戸市 / 各市町村 / ゼネコン・民間各社



トップへ戻る