お役立ちコラム

【神戸】測量の種類の一つ「確定測量」を解説!見積もりはお気軽に

 カテゴリー:お役立ちコラム

神戸で測量を依頼するなら!確定測量の概要や確定測量が必要となるケース

神戸で測量を検討する際は、どのような測量を行うべきか把握しておくと専門家に依頼するときに役立ちます。測量の中でも、確定測量は土地の売買など日常生活に関わることもあるため、概要を把握しておくと安心です。この記事では、確定測量について解説します。

測量の種類は様々!確定測量について解説

測量中の人物

測量には様々な種類がありますが、中でも確定測量は日常生活にも関わることがあるものです。ここでは、詳しい概要について解説します。

確定測量とは

不動産に関連した資格所有者や、隣接した土地の所有者が立ち会ったうえで土地の面積を測量し、正式に境界を決めることを指します。測量を終えた図面を各人が承認します。隣接する土地所有者によって署名された確定測量図は、今後土地の境界を明確化するうえで重要な書類として扱われます。

一般的な流れ

・1.専門業者に連絡をする

まずは測量に対応する業者に連絡を取りましょう。依頼する際は、土地の地番を用いて測量予定の場所を伝えます。地番は住所と違うことが多いため、固定資産税納税通知書などに記入された情報をもとに調べておくと安心です。

・2.資料を準備する

必要な資料は以下になります。

  • 登記簿謄本
  • 公図
  • 建物の図面
  • 地積測量図

基本的に、必要書類は業者が揃えてくれることがほとんどです。

・3.測量することを関係者に伝える

隣接する土地の所有者などに、調査の概要を伝えます。この工程も業者が主に行ってくれます。

・4.現地調査のスタート

測量士が現地に出向いて測量を行います。他に用意していた資料などをもとにして仮の境界線を設定し、現況測量図を作っていきます。

・5.確認・手続きを行う

隣接する土地所有者に立ち会ってもらい、境界線の確認を行います。境界の確認が取れたら、調査した項目をベースに図面を作成します。隣接する土地所有者と依頼者の両方が署名した境界確認書と図面を役所に提出して問題ないか確認後、境界確認証明を受け取ったら手続きは完了です。

確定測量を依頼した方がよいケースと費用相場について

priceとvalueの天秤と男性

確定測量は、行う場合と行わない場合があります。ここでは、確定測量を実施した方がよいケース・しなくてもよいケースを、費用相場も含めて解説します。

実施した方がよいケース

一般的なケースとして、土地を売る際は確定測量を実施したほうがよいといえます。土地の所有者は、自分が所有する土地がどこまでなのか、購入者に知らせる必要があります。他には、土地の相続時に、相続税をその土地によって物納する際にも測量が求められるのです。

また、測量済みであっても、最後の測量から長い年月が経過した土地は、最新の技術で再測量を行う必要があります。境界杭やフェンスなどで隣接する土地との境界線が明確になっていない場合も測量を行います。

どの範囲までが自分の土地なのか不明確なままでいると、隣接する土地の所有者間で所有区域について争いが起きる場合があります。万が一のトラブルを避けるためにも、土地の境界を明確にしておくことが重要です。気になることがある場合は、専門家にご相談ください。

確定測量を実施しなくてもよいケース

広大な面積の土地は、測量をするだけで莫大な費用がかかることがあります。土地を売る値段よりも測量の費用の方が高くなってしまう場合、売る側と買う側で相談したうえで、確定測量を行わないケースも珍しくありません。分譲されたばかりで境界がはっきりしている場合や、隣接しているのが行政の管理地である場合も確定測量を行わなくてもよいとされています。

費用相場

民間で所有している土地のみと隣接している場合は、35万円から45万円ほどです。ただし、行政が所有する土地が隣接している場合は、境界を確認する際に行政の承認を得なければならないため、60万円から80万円ほどが費用相場となります。

確定測量などの見積もり依頼は扇コンサルタンツへ

確定測量は、隣接する土地との境界を決めるために必要なものです。土地を売る際や相続税を物納する際、抵当権を設定する際など、様々な場面で求められるようになります。境界が曖昧だと、隣人トラブルにつながる可能性も否定できません。

神戸で確定測量を専門業者に依頼したいとお考えでしたら、扇コンサルタンツへお問い合わせください。

扇コンサルタンツは、豊富な知識と確かな技術を最大限に活用し、測量・地質調査などの分野で実績を重ねている会社です。見積もりも対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

測量・土木設計・地質調査・ボーリング調査に関するコラム

神戸で測量のお見積もりなら扇コンサルタンツへ

会社名 扇コンサルタンツ株式会社
代表取締役 田村 貴志
資本金 1,200万円
本社住所
〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2丁目20−20 向山ビル2階
TEL 078-822-0999
FAX 078-822-0911
大阪支店
〒573-0001 大阪府枚方市田口山3丁目23−12
TEL 072-851-4222
FAX 072-851-4222
三田営業所
〒669-1515 兵庫県三田市大原695−6
TEL 079-563-0611
FAX 079-563-0611
姫路営業所
〒671-2134 兵庫県姫路市夢前町菅生澗460−1
TEL 079-335-1500
FAX 079-335-1500
HP https://www.ougi.co.jp/
登録部門
建設コンサルタント業
建30-5128号
(道路部門)
(下水道部門)
(鋼構造及びコンクリート部門)
(河川・砂防及び海岸・海洋部門)
(土質及び基礎部門)
測量業
第(8)-15979号
有資格者 技術士 / RCCM / 1級土木施工管理技士 / 測量士 / 測量士補 / 地質調査技師 / 橋梁点検技術者 / 准橋梁点検技術者 / 河川点検士
取引銀行 三井住友銀行御影支店 / みずほ銀行神戸支店 / 尼崎信用金庫神戸東支店 / 大正銀行灘支店
主な取引先 兵庫県 / 神戸市 / 各市町村 / ゼネコン・民間各社



トップへ戻る