お役立ちコラム

【神戸】土木設計業務で正社員への転職なら!やりがいや平均年収などを解説

 カテゴリー:お役立ちコラム

【神戸】土木設計の仕事のやりがい・平均年収を解説!

神戸で土木設計の仕事をしたいと考えている場合は、残業時間や福利厚生をはじめとした待遇面を確認しておくことが重要です。働く環境が整った会社なら、やりがいを持って仕事を進められるようになるでしょう。この記事では、土木設計の仕事のやりがいや、平均年収などを詳しくご紹介します。

土木設計の仕事への転職をお考えの方へ!やりがいや平均年収を解説

港湾で働く男性

土木設計は、様々な面でやりがいを感じられる仕事です。ここでは、転職の際にチェックしておきたい仕事のやりがいや平均年収について解説します。

専門知識を活かした責任のある仕事ができる

土木設計の仕事には、専門的な知識と責任感が必要不可欠といわれています。計画全体の大枠を決めた後は、ミリ単位の正確な設計が求められますので、少しでも設計に不備があると、場合によっては大きな事故につながりかねません。責任を持ち、専門知識を活かした仕事を終えた後の達成感は、この仕事ならではの魅力です。

日常生活を支える仕事ができる

ダムや道路、橋梁などの建造物は、日常生活を快適に送るために欠かせないものばかりです。そのため、人々の暮らしを支え、役立つ仕事ができるというのも土木設計の仕事のやりがいといえます。自分が作ったものによって人々の生活が向上した、という実感が次の仕事へのやる気につながるでしょう。

将来に残るものを設計できる

土木設計は、図面を作ったら終わりというわけではありません。図面をもとにして実際に建造物が建てられ、完成後は多くの人が使用するようになります。使用する人が移り変わっても、建造物はそのまま後世まで残ります。自分の子どもや孫、その先まで仕事の成果を残せるのも、土木設計の仕事のよいところです。

平均年収

土木設計の仕事の平均的な年収は、約570万円です。年代別に見ると、30歳から34歳は約500万円、40歳から45歳は約550万円、50歳から54歳は約580万円が平均です。役職が与えられると、700万円から1,000万円の年収になることもあります。

土木設計の正社員の仕事はキツイ?

二人の作業員と街並み

一般的に、土木設計の仕事はキツイといわれることがあります。ここでは、土木設計がキツイといわれる理由について解説します。

勉強することが多い

土木設計には、様々な知識が必要となります。土木に関連した資格はたくさんあるため、仕事と並行して資格取得のための勉強を行わなければならなくなった場合に「キツイ」と感じることがあるかもしれません。ただし、資格を取得して必要な知識を身につければ、できる仕事の範囲も増えてやりがいを感じられるようになる、というメリットもあります。

やるべき業務が多い

土木設計は安定的に仕事を受給できる一方で、人手が足りず、1人に任される仕事が多くなる場合があります。依頼主の希望を満たすため試行錯誤を繰り返し、残業時間が長くなることも少なくありません。

しかし、やるべき業務をこなすことによって経験が積み重ねられ、効率よく仕事をこなすスキルも身につけられます。最初はキツイと感じても、仕事に慣れてくればスムーズに業務を進めることも可能です。

求められる能力が幅広い

行政との交渉や施工業者との調整など、土木設計ではやるべき業務がたくさんあります。図面を描くだけでなく、現場でのコミュニケーション力、交渉力、調整力といった能力も必要となり、最初は戸惑うこともあるかもしれません。一方で、仕事を通して幅広い能力を伸ばすことができれば、スキルアップにもつながります。

納期に間に合わせなければならない

土木設計には、明確な納期が定められています。納期を守らないと他の工程にも影響が出てしまうため、納期厳守が基本です。納期が近くなるほど残業時間が増える傾向がありますが、納品を終え、繁忙期が過ぎれば余裕を持って仕事ができる場合も多くあります。

土木設計の仕事で転職を考えている場合は扇コンサルタンツへ

土木設計は、経験を積むことで様々な知識や能力が身につき、後世に残る建造物に関われる仕事です。しかし、一般的には勉強することが多かったり残業が多かったりと、キツイ一面もあるといわれています。

そのため、土木設計の仕事で転職を考える場合は、働きやすさも重視して会社を選ぶようにしましょう。

神戸で土木設計の仕事の求人をお探しなら、扇コンサルタンツへお問い合わせください。

扇コンサルタンツは月間残業時間が少なく、家族支援の手厚い待遇や資格手当も充実しています。転職を考えている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

測量・土木設計・地質調査・ボーリング調査に関するコラム

神戸で土木設計の仕事に転職するなら扇コンサルタンツ

会社名 扇コンサルタンツ株式会社
代表取締役 田村 貴志
資本金 1,200万円
本社住所
〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2丁目20−20 向山ビル2階
TEL 078-822-0999
FAX 078-822-0911
大阪支店
〒573-0001 大阪府枚方市田口山3丁目23−12
TEL 072-851-4222
FAX 072-851-4222
三田営業所
〒669-1515 兵庫県三田市大原695−6
TEL 079-563-0611
FAX 079-563-0611
姫路営業所
〒671-2134 兵庫県姫路市夢前町菅生澗460−1
TEL 079-335-1500
FAX 079-335-1500
HP https://www.ougi.co.jp/
登録部門
建設コンサルタント業
建30-5128号
(道路部門)
(下水道部門)
(鋼構造及びコンクリート部門)
(河川・砂防及び海岸・海洋部門)
(土質及び基礎部門)
測量業
第(8)-15979号
有資格者 技術士 / RCCM / 1級土木施工管理技士 / 測量士 / 測量士補 / 地質調査技師 / 橋梁点検技術者 / 准橋梁点検技術者 / 河川点検士
取引銀行 三井住友銀行御影支店 / みずほ銀行神戸支店 / 尼崎信用金庫神戸東支店 / 大正銀行灘支店
主な取引先 兵庫県 / 神戸市 / 各市町村 / ゼネコン・民間各社



トップへ戻る