お役立ちコラム

【神戸】ボーリング調査(ボーリング標準貫入試験)の仕組みとは?地盤調査費用は固定資産の取得費に含まれる?

 カテゴリー:お役立ちコラム

神戸でボーリング調査依頼なら!ボーリング標準貫入試験とは

神戸でボーリング調査を依頼するなら、扇コンサルタンツへお問い合わせください。この記事では、ボーリング標準貫入試験とはどのようなものなのか、メリット・デメリットについて解説します。また、地盤調査にかかった費用は固定資産の取得費に含むのかどうかといった点も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ボーリング標準貫入試験とは?仕組み・メリットを解説

指さしする作業服の男性

ボーリング調査といっても、複数の種類があることを把握しておきましょう。ここでは、最も一般的な方法であるボーリング標準貫入試験の仕組みやメリット・デメリットについて解説します。

ボーリング標準貫入試験とは

ボーリング標準貫入試験は、地盤の硬さや試料採取、地盤の締まり具合などを推測できる試験です。重りを一定の高さから落下させてサンプラーを打撃する行為を繰り返し、サンプラーが地面に30cm貫入するまでに要した打撃回数から判断します。

重りは63.5kg、高さは75cmと明確な規定があります。

メリット

ボーリング標準貫入試験の主なメリットは以下のとおりです。

・地盤の深さや硬さに関係なく実施できる

ボーリング標準貫入試験は非常に幅広い場面で実施できる試験です。

・試料採取が容易

試験に際してサンプルとして土を採取できるため、土質分析・解析に役立ちます。

・多くの国で実施されている

様々な国で基準化されているため、結果の評価や比較に有用な情報が多く揃っています。

・蓄積されたデータが豊富

ボーリング調査のなかでも特に多く実施されている試験のため、過去データの蓄積も豊富です。

一般的な試験であり、地盤も硬さを問わず幅広い場面で実施できるため、データの多さや実施のしやすさなどに大きなメリットがあります。

デメリット

一方でボーリング標準貫入試験には以下のようなデメリットもあります。

・調査スペースの確保が必要

調査を実施するには、最低でも乗用車2台分のスペースが必要です。

・コストがかかる

ボーリング調査のなかでも、比較的コストが高めの試験です。

・試験に要する時間が長い:試験に時間がかかり、場合によっては数日かかることもあります。

地盤調査費用は固定資産の取得費に含まれる?

費用の計算をする二人の人物

ボーリング調査など地盤調査を行う場合、依頼先の会社・業者に費用を支払う必要があります。そこで気になるのが、調査費用は固定資産(建物)の取得費に含まれるのかどうかという点です。

こちらでは、一般的に固定資産の取得費に含めなければならない費用、含めなくてもよい費用について解説します。

取得費に含めなければならない費用

購入代金・仲介手数料・固定資産税清算金・立退料・住民対策費や郊外補償費・地鎮祭や上棟式にかかる費用などが挙げられます。購入代金には、建物そのものの価格だけでなく、改装費などその建物を建てるまでにかかった工事費を含めた金額を指します。

こういった費用は取得費に含めて、毎年減価償却していかなければならない費用になります。

ボーリング調査など地質調査を行う際の費用は、基本的に新しく建物や設備を取得するために行った場合であれば、工事費用の一部として請求されるため、取得費に含めることになります。

取得費に含めなくてもよい費用

租税公課・違約金・登記費用・収入印紙代・火災保険料や地震保険料などが、取得費に含めなくてもよい費用として挙げられます。

また、建設途中で計画変更となり、調査や測量が不要となった場合の建築費用の一部は、取得費から省くことも可能です。

ボーリング調査のご依頼は扇コンサルタンツへ

ボーリング標準貫入試験は、ボーリング調査のなかで最も一般的な方法です。非常に幅広い場面で実施でき、有用なデータを多く取得することができます。

また、ボーリング調査、地盤調査にかかる費用は、一般的には固定資産(建物)の取得費に含むことになります。

神戸でボーリング調査の依頼を検討している、地盤調査について悩んでいるという企業の方は、ぜひ扇コンサルタンツへご相談ください。扇コンサルタンツでは、建設コンサルタントや土木設計業務の他、地質調査・地盤調査のご依頼にも対応しています。

高い専門性を有するスタッフが、活力のある街づくりのためにトータルでサポートします。

扇コンサルタンツは、神戸市内をはじめ様々な地域で、道路や公共施設を含む幅広い土地の地質調査経験があります。気になる方は、ぜひ実績もチェックしてみてください。

測量・土木設計・地質調査・ボーリング調査に関するコラム

神戸でボーリング調査の費用についてのお問い合わせは扇コンサルタンツへ

会社名 扇コンサルタンツ株式会社
代表取締役 田村 貴志
資本金 1,200万円
本社住所
〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2丁目20−20 向山ビル2階
TEL 078-822-0999
FAX 078-822-0911
大阪支店
〒573-0001 大阪府枚方市田口山3丁目23−12
TEL 072-851-4222
FAX 072-851-4222
三田営業所
〒669-1515 兵庫県三田市大原695−6
TEL 079-563-0611
FAX 079-563-0611
姫路営業所
〒671-2134 兵庫県姫路市夢前町菅生澗460−1
TEL 079-335-1500
FAX 079-335-1500
HP https://www.ougi.co.jp/
登録部門
建設コンサルタント業
建30-5128号
(道路部門)
(下水道部門)
(鋼構造及びコンクリート部門)
(河川・砂防及び海岸・海洋部門)
(土質及び基礎部門)
測量業
第(8)-15979号
有資格者 技術士 / RCCM / 1級土木施工管理技士 / 測量士 / 測量士補 / 地質調査技師 / 橋梁点検技術者 / 准橋梁点検技術者 / 河川点検士
取引銀行 三井住友銀行御影支店 / みずほ銀行神戸支店 / 尼崎信用金庫神戸東支店 / 大正銀行灘支店
主な取引先 兵庫県 / 神戸市 / 各市町村 / ゼネコン・民間各社



トップへ戻る