お役立ちコラム

神戸で地質調査会社をお探しなら!調査方法について

 カテゴリー:お役立ちコラム

【神戸】地質調査の種類や調査が必要となる場合について解説

神戸で地質調査の依頼を検討する場合は、しっかりとした実績を持つ会社を選ぶことが重要です。また、地質調査の種類や調査が必要な場合を把握しておけば、いざというときに役立つでしょう。この記事では、地質調査の種類や、調査が必要になるのはどのようなときか解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

地質調査における調査方法の種類!

空地のボーリング調査

建造物を建てる前には地盤調査(地質調査)を行い、安全に建築するための準備を行うのが基本です。調査方法には様々な種類があり、それぞれに長所と短所があるので注意しなければなりません。ここでは、地盤・地質の調査方法の種類について解説します。

ボーリング標準貫入試験

ボーリングで地面に穴を空け、レイモンドサンプラーの打ち込み回数(N値)を測る調査です。地盤の強度を知るために必要な地下水位がN値で明らかにできる点がメリットとなります。ただし、作業に広いスペースが必要で、高額になりがちなところが短所です。

ハンドオーガーボーリング

人の力によってオーガーを回しながら地面に押し込み、サンプルを取る調査です。他の方法と比べても、簡単に表層部の土質を調べられるのが特徴です。しかし、人の力でオーガーを押し込むため、調査できる範囲に限界があります。

スクリューウエイト貫入試験

地盤にスクリューポイントを押し込んで行う調査です。深度の方向に連続したデータが取得できるほか、調査した結果をN値に換算できるところが長所です。ただし、コンクリートや煉瓦を砕いたものや小石などが多い場合は、スクリューポイントを押し込むのが困難になります。

表面波探査法

振動を起こす装置と振動を検出する装置を地面に置き、振動が伝わるスピードから地盤の強度を測る調査です。短期間で調査できますが、地中にある埋没物や調査する人の技術によって調査結果が左右されやすいという懸念点があります。

平板載荷試験

段階を踏みながら銅板に荷重をかけ、沈下量を測る調査です。地盤の支持力をダイレクトに調べられるところが長所とされています。深度方向の調査が難しく、作業スペースが広くなりがちな点や費用がかかりやすい点が短所だといえるでしょう。

この他にも、ポータブルコーン貫入試験やレイリー波探査など、様々な調査方法があります。

地質調査会社への依頼はどのような時に必要になる?

たくさんのはてなマークとルーペの中にある電球

地質調査・地盤調査はどのような場合に必要なのか、知らない方も少なくありません。

一般的に住宅を購入したり建て替えたりする際は、個人で地質調査を依頼することは少ないといえます。必要であれば、不動産会社から地質調査を依頼することが多いです。ここからは、調査が必要となる場面について解説します。

新たに家を建てるとき

住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)では、建物の引き渡しが行われてから10年以内に施工側の欠陥が発覚した場合、施工業者が責任を負うことが定められています。そのため、業者は瑕疵担保責任保険に加入する場合がほとんどです。この保険に入るための条件の一つに地盤調査があり、土地を購入して新しく家を建てる際には事前に調査が必要となります。

建て替えを行うとき

以前から住んでいた家の老朽化などに伴い、建て替えを行う場合も調査が必要です。前述の通り、施工業者が保険に入るための条件として調査が求められるほか、家を建てる前に地盤を再確認するのも大きな目的です。

長く住んでいる土地の地盤は問題ないと思いがちですが、家のある場所だけ地盤の強度が高く、庭は強度が低い、というケースも考えられます。また、建て替え後の家は間取りや重さなどが変わり、建て替え前の対策や形式では不十分である場合も珍しくありません。安全に家を建てるためにも、調査が必要なのです。

中古の戸建てや新築の建て売りを買う場合は?

中古の住宅の場合、家主が地盤調査報告書を持っていれば事前に確認できます。売主に許可をもらい、事前に敷地内の地盤調査を行えるケースもありますが、家が建っている場所は調査が行えないため正確なデータは取れません。

新築の建て売り住宅を買う場合、売主側は事前に地盤調査を行っていることがほとんどです。そのため、希望すれば購入前に地盤調査報告書を確認させてもらうこともできます。

地盤調査・地質調査の依頼を検討している場合は扇コンサルタンツへ

地盤調査(地質調査)は、建造物を建てるために欠かせないものであり、ボーリング標準貫入試験やスクリューウエイト貫入試験など様々な種類があります。新しく家を建てる場合や、建て替えを行う場合などに必要となる場合もあるため、実績豊富な会社に依頼することが大切です。

地盤・地質調査の依頼を検討している不動産会社の方などは、多数の調査実績を持つ扇コンサルタンツへご相談ください。

地質調査業務の実績も豊富な会社です。まずはお気軽にお問い合わせください。

測量・土木設計・地質調査・ボーリング調査に関するコラム

神戸で地質調査会社を選ぶなら扇コンサルタンツ

会社名 扇コンサルタンツ株式会社
代表取締役 田村 貴志
資本金 1,200万円
本社住所
〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2丁目20−20 向山ビル2階
TEL 078-822-0999
FAX 078-822-0911
大阪支店
〒573-0001 大阪府枚方市田口山3丁目23−12
TEL 072-851-4222
FAX 072-851-4222
三田営業所
〒669-1515 兵庫県三田市大原695−6
TEL 079-563-0611
FAX 079-563-0611
姫路営業所
〒671-2134 兵庫県姫路市夢前町菅生澗460−1
TEL 079-335-1500
FAX 079-335-1500
HP https://www.ougi.co.jp/
登録部門
建設コンサルタント業
建30-5128号
(道路部門)
(下水道部門)
(鋼構造及びコンクリート部門)
(河川・砂防及び海岸・海洋部門)
(土質及び基礎部門)
測量業
第(8)-15979号
有資格者 技術士 / RCCM / 1級土木施工管理技士 / 測量士 / 測量士補 / 地質調査技師 / 橋梁点検技術者 / 准橋梁点検技術者 / 河川点検士
取引銀行 三井住友銀行御影支店 / みずほ銀行神戸支店 / 尼崎信用金庫神戸東支店 / 大正銀行灘支店
主な取引先 兵庫県 / 神戸市 / 各市町村 / ゼネコン・民間各社



トップへ戻る